osaka

関西最大級 高槻「ボーネルンド プレイヴィル」 駐車場、混雑度 情報【安満遺跡公園】

ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園 オープン

2019年3月にオープンした甲子園球場約5個分の広さを誇る安満遺跡公園のパークセンター内にオープンした「ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園」日本初の遊具が揃う新しい家族のあそび場という事で実際に行って一日中遊んできました。

営業時間 夏季(3月~10月)10:00~19:00(18:30最終受付)
冬季(11月~2月)10:00~18:00(17:30最終受付)
定休日 不定休 (年末年始やメンテンスの際は休館日となります)
対象年齢 6ヶ月~12 歳(大人も子どもと一緒に楽しめます)
電話番号 072-668-3145

安満遺跡公園の詳細情報はこちらから↓

https://freq.tokyo/osaka/amaiseki/

アクセス・行き方・地図 高槻駅から徒歩10分

ボーネルンドは安満遺跡公園内にあります。場所は高槻駅から歩いて10分程の場所です。阪急線とJR線の間にあるのですがこれほど大きい規模の公園が駅近くにできるのは驚きです。

公園の入り口からはいってすぐ目のに大きい建物(パークセンター)が見えます。その中にボーネルンドプレイヴィルがあります。

駐車場 駐輪場 情報

駐車場

車でのアクセスは名神高速道路・新名神高速道路 高槻ICから約9分
国道171号線からは八丁畷交差点を北に上がり八丁西町交差点を右折になります。

西駐車場 152台  うち身体障碍者 4台、ゆずりあい駐車場区画4台
普通車 100円/30分(一日最大料金800円)
中型自動車(マイクロバス) 1000円/回
大型自動車(大型バス) 200円/回

自転車・バイク 駐輪場

自転車およびバイクの駐輪は無料となっています。日曜の昼に行ったのですが自動車の駐車場満車でしたが自転車・バイクの駐輪場は比較的空きがありました。

自転車駐輪場

ロードバイク用スタンドもあります。

バイク駐輪場です。

対象年齢

利用できる対象年齢は6ヶ月~12 歳(大人も子どもと一緒に楽しめます)となっております。必ず保護者同伴でご利用ください。

料金体系

料金体系は1日パス(終日入退場自由)と親子1カ月パスがあります。

1日パス:子供一人1000円 保護者一人500円

1カ月パス:子供+保護者 4800円 追加料金子供一人につき3500円

となっています。

エリアとゾーン

「ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園」には室内エリアと野外エリアがあります。

室内エリアにはからだ遊びゾーン、アトリエゾーンがあります。

入場する前にリストバンドを子供と保護者が付けてもらえます。このリストバンドがあれば出入りが自由に可能です。入場後下駄箱があるのでここで靴を脱ぎます。

スタッフの方が常時おられるので安心・安全

スタッフの方がどのゾーンにもおられ常に気を配られています。泣いている子に話しかけたり、子供たちの遊びのサポートをされていました。といっても保護者が子供たちから目を離してはいけませんが。

からだ遊びゾーン

飛ぶ、くぐる、登る、投げる・・多彩な動きを体験することは子供の発達に欠かせません。まるで子供専用ジムのように色々な動きにチャレンジ。

ボールの入ったプールや滑り台、エアーマットなどがあります。壁を登ったりポールからスルスル降りたりボールを投げたりエアーマットで跳ねてみたり・・みんな夢中で遊んでますね。

アトリエゾーン

沢山の絵本で膨らませたイメージを、絵の具やクレヨン、ねんどなど様々な材料で形にしてみよう。来るたびに「今日」だけの作品ができあがります。

こちらのゾーンには本や、ブロックがおいてあり絵の具、やクレヨンで自由に絵を描くことができます。飲食はこちらのゾーンで可能です。自動販売機もあります。

絵の具でガラスに絵をかいたり

クレヨンで大きな紙に自由にお絵描き

野外エリア

野外エリアにはアトリエゾーンから行くことができ靴を履いて遊びます。他の公園には無いような面白い遊具が多く大人でも楽しめました。

自然遊びゾーン

肌で感じる温度や風の音、鮮やかな花の色や木々のにおい。。野外ゾーンには新しい発見がいっぱい。遊具を使って全身を使って遊んでみよう。

大きなアスレチックですね。中二階があったりなかなかこだわった作りになっていて面白かったです。

踏むと音が鳴るタイルですね。うまく踏めばメロディーが鳴らせるかも??

これ、面白いですよ。ニュートンのゆりかご振り子っていうんでしょうか?大人も結構夢中になります。

砂遊びゾーン

道具を使って繰り返し砂を掘り、触感を楽しみながら水を混ぜてイメージを形に。お友達と役割分担・協力しながら遊んでみよう。

これはもう。。子供たちが大好きな砂遊びです。水遊びもできますからドロドロの子もいましたがすんごく楽しそうでした。

混雑状況は?

気になるのはどれほど混んでいるかですが日曜の昼で写真のような混雑状況です。それほど混んでないかなぁという感想です。郊外の少し歩かなければいかない場所なのとオープン間のないという事もあると思います。

梅田グランフロント大阪のボーネルンドも週末に行ったことがあるのですが入場にずいぶんと並ばなければいけないくらいものすごい人でしたからそれに比べると高槻のボーネルンドは広さもあり快適でした。

まとめ

「ボーネルンド プレイヴィル 安満遺跡公園」は今回はじめて行きましたがあまり他で見ないひとひねりある遊具が多くあって楽しかったですね。子供はもちろん夢中で遊んでいて本当に一日中遊べます。これで子供一人+保護者一人で1日1500円は結構お得な値段ではないでしょうか。

まだオープンして間もないせいか日曜でもそれほど込み合ってはいませんでした。また行きたいなと思うスポットです!

-osaka

Copyright© 俺Times , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.