life

厚生労働省から送られてくる風疹クーポン券とは?抗体検査・予防接種対について【対象者・受け方・期限】

ある日突然保健所から送られてきた「無料クーポン」のお知らせ「なにこれ!?」て思っている人も多いのではないでしょうか?

対象年齢の男性は風しんの抗体検査・予防接種をうけましょう

対象者、性別

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は公的な予防接種を受ける機会がありませんでした。その為に風疹の抗体保有率が他の世代に比べて低くなっています。その為、抗体検査をして抗体が十分でない人は予防接種を受けましょう。

対象年齢の方に一度にクーポン券を送付すると受診希望者が医療機関に殺到することが予想される為、分けてクーポン券が送付されています。1年目のクーポン券送付の対象者は、昭和 47 年4月2日から昭和 54 年4月1日までの間に生まれた男性になります。

なお、1年目にクーポン券が届かない昭和 37 年4月2日から昭和 47 年4月1日の男性の方も、お住まいの市区町村に希望すればクーポン券の発行が可能ですので、住民票のある市区町村にお問い合わせください。

クーポン券の期限

送られてきたクーポン券には期限が決められており2022年3月31日まで使用できます。その間は公費で無料で抗体検査・予防接種が受けられます。

クーポン券を紛失した場合

クーポン券がないと無料で風しんの抗体検査や予防接種を受けることはできませんので、大切に保管してください。無くしてしまった場合は住民票のある市区町村に問い合わせてください。

まずは抗体検査を受けましょう

抗体検査や予防接種はどこで受けられるか

流れとしてはまず、抗体検査を受けます。受けられる機関は本事業に参加している全国の医療機関等です。どこで受けられるかは以下のリンクから各都道府県別に調べることができます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/index_00001.html

企業にお勤めの方は、職場において定期に実施する健康診断で受けられる可能性があるので勤務先へお問合せ願います。

どうして抗体検査を受ける必要があるか

抗体検査せずにとりあえず予防接種を受けれないか?と思われるかたもおられると思いますが対象者となった男性(昭和 37 年4月2日から昭和 54 年4月1日生まれ)においては、既に約 80%の方が風しんに対する抗体を保有しています。既に抗体が十分にある方は予防接種を受ける必要はありません。ワクチンを効率的に活用するため、まずは抗体検査により、十分な抗体があるかを調べることとしています。

抗体無しの場合、予防接種を受けましょう

抗体検査を受けた後、抗体検査の結果が1~2週間で分かり郵送で届きます。(場合によっては医療機関に結果を受け取りに行くこともあります)

結果、抗体が不十分な方は予防接種を受けましょう。その際、クーポン券、本人確認書類、抗体検査結果通知が必要です。

なぜ、風しんの追加接種対策をしているのか?

風しんは感染力が強く、唾液のしぶきなどによって他の人にうつる、感染症です。妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。知らずに感染した状態で電車などで通勤し、妊婦に感染させる可能性があります。これだけは本当に避けたいです。

それと大人になって感染するとあまり症状が出ないことが多いのですがまれに重篤な合併症を併発することがあります。風疹は感染力も強く本人が自覚していな事も多いので感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要になります。

まとめ

2012年から2013年にかけて風疹が流行し計1万6730人の患者が出ています。その後、風疹患者は減少しましたが近年再び増加傾向にあります。

風疹クーポンが届く人は働き盛りの人も多くなかなか医療機関にいって検査を受けることも難しいかもしれませんが企業がおこなう健康診断の際に同時に受けられるあ可能性が高いので職場で問合せをしてみてはいかがでしょうか。また近くに検査を受けられる医療機関がないか一度調べてみることをおすすめします。

 

-life

Copyright© 俺Times , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.