life

金正恩 死亡?重篤?デマ・噂・真相 まとめ 北朝鮮の後継者は「金与正」か

金正恩 最高指導者が死亡というニュース?本当か?

かねてから体調不安説が流れていた北朝鮮朝鮮労働党委員長の「金正恩」が4/20米CNNが報じたニュースによりますと「重体」に陥っていると報道されました。

最近では公の場所にも姿を見せずまことしやかに噂が流れていましたが真相はいかに??

幾つかの噂をまとめてみました。

「心血管系の手術」を受けたがその後「重体」 説

一番多く見かける情報としては

4/12に「心血管系の手術」を受けたが述術後思わしくなく重体であるということです。これは米CNNが伝えているニュースで伝えられています。

脳死とも伝えられ意識もなく「植物状態」であるとの情報があります。

中国の医療関係者が語ったという内容を要約しますと

視察中であった金正恩は突如倒れて近くの病院に搬送、中国に医療団の派遣を要請したが間に合わないと判断した北朝鮮の医師は血管にステントを入れる施術を行いました。

しかし極度の緊張により手術が長引きその間に金正恩は植物人間となり中国に医師団が到着した時には既に手の施しようがなかった。

というものです。これが真実化は分かりませんがとにかく金正恩の身に平常ではない何かが起こっていることは間違いなさそうです。

「心血管系の手術」を受けたがその後「療養中」 説

ソウル発のロイター電によると

「デイリーNK」の情報として、「金正恩氏は、今月11日の党政治局会議に出席した後、香山郡の病院に向かい、12日に心血管系の手術を受け、現在も近くの別荘で療養中という」

と伝えています。4/12に手術を受けたと報じられていますがそれから結構な時間が経過しており、その間全く北朝鮮はだんまりなので様々な憶測が交錯しています。

「心血管系の手術」を受けたがその後「死亡」 説

中国系の新聞社「美南新聞」が伝えているのは

朝鮮最高位の正日総書記、は、心臓の冠動脈で死亡した

という記事です。漢字なので何となく読めますね。しかし「美南新聞」は中国本土の新聞社ではなくアメリカ南部ヒューストンにある新聞社であるようなので信憑性は定かではありません。

金正恩氏が重体は偽の報道 説

4/23 トランプ大統領はアメリカのメディアが伝えた「重体」報道を

「CNNによる偽の報道だったと思う。彼らが古い文書を使ったと聞いている」

と否定しました。北朝鮮側と接触をしたかなどについても「言いたくない」としています。

コロナウイルス感染を恐れ平壌から遠く離れた「東部元山」に滞在しているとも伝えられています。

後継者は妹の「金与正」キム・ヨジョンか

もし、仮に金正恩が死亡したとすれば後継者として一番有力なのが正恩の妹の「金与正」と言われています。

「金与正」は金正日の後継者として金正恩と並び有力とされていた人物でかつて金正日も

「自分の子供の内、正恩と与正が政治に関心を示しており、これから二人のどちらかを教育して後継者にするつもりだ」

と語っていたと伝えられています。

年齢は?

「金与正」は金正恩の実の妹でもありますから当然金正恩より若いです。1988年生まれとされているので満32歳です。

加護亜依、黒木メイサと同い年ですね。。

結婚はしている?

2017年時点では、夫は大学教授で数年前に結婚し2015年に出産した。とされています。

UberEats以下広告から初回注文1000円割引です(アプリ、Webどちらでも)

プロモーションコード⇒interjpq2206jab

 【a】Uber Eats オーダープログラム

-life

Copyright© 俺Times , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.