life

消費税 10パーセント増税はいつから?「軽減税率」とは?

消費税10%増税は10月1日から施行

消費税は2014年4月に8%に引き上げられて以来上がる上がるといわれ続けて2度の先送りを経て2019年10月1日に10%に上がる予定です。施行予定の10月はもう目前に迫ってきていますので特に今回初めて導入される軽減税率について説明していきたいと思います。

「軽減税率」とは?

いままで幾度となく消費税の税率は上げられてきましたが特に特定の品目に対して税率を下げるなどの処置はされてきませんでした。しかし今回の消費税10%増税の際は「軽減税率」という「日々の生活において幅広い消費者が消費・利活用しているものに係る消費税負担を軽減する」という考え方に基づき特定の品目を消費税8%のまま据え置くという処置がなされます。

少しややこしいですね。これは税率8%でこれは10%だとか生活に直結する品目に対して増税しないのは嬉しいのですが。

「軽減税率」対象品目

・飲食料品(酒類・外食を除く)

・新聞

この2品目です。飲食料品は生活に直結するものなので増税されないということです。しかしお酒と外食は増税対象ですね。そして、新聞の定期購読費です。生活に直結しているといえばそうなのですが私は定期購読していないですが。。

ややこしいのが「外食」が軽減税率対象外

飲食料品は基本的には軽減税率対象ですが「外食」だけは対象外(消費税10%)です。例えばコンビニで食べ物を買ってイートインで食べるのは外食?それとも?どこからが外食どこからがそうでないかややこしいです。そもそも「外食」の定義とは何なのか説明したいともいます。

消費税8% 消費税10%
コンビニ 弁当または惣菜を持ち帰り イートインコーナでの食事(自己申告)
屋台 いすやテーブル等の飲食設備がない屋台で飲食 いすやテーブル等の飲食設備がある場所での飲食
ピザ屋 配達・テイクアウト 店内で食事
牛丼屋 テイクアウト 店内で食事

なんだかとってもややこしい。特にコンビニ

コンビニでは弁当や総菜などを購入して持ち帰ると軽減税率が適用され消費税は8%です。これはわかりやすいですが、コンビニにあるイートインコーナーで食事を食べる場合はどうなるか?この場合は軽減税率が適用されず消費税は10%です。大手コンビニ各社では「イートインを利用します」とお客様から申し出があったときは税率10%にする。という方針を定めています。

イートインで食べる前に会計するわですからこの時点ではイートインで食べるか分かりません。なので客にイートインで食べるかどうか聞いて消費税率を決めるという事です。

飲食料品の価格表示

そしてコンビニで売られている飲食料品の消費税込みの価格表示は8%,10%どちらの表示か?コンビニ大手各社は飲食料品の消費税込みの価格表示に関して持ち帰りを前提として消費税8%込みの値段を表示するという事に決まっています。

まとめ

消費税10%になって今までの税率UP時とおんなじ様に捉えていたのですが「軽減税率」がおもったよりややこしいです。海外で「軽減税率」は多く取り入れられているようですが日本では馴染みがないので慣れるまで少し時間がかかりそうです。

まあ、軽減税率対象の外食の判断もきちんとした椅子と机がある場所で食すれば税率10%というイメージでいんじゃないでしょうか。それ以前に増税に関してもうちょっといい方法がありそうな感じもしますが。。

-life

Copyright© 俺Times , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.