ガジェット

次世代 Xbox Series X 情報まとめ PS5越えか?性能比較【発売日・価格・スペック】

次世代 Xbox 正式名称「Xbox Series X」(Project Scarlett)決定
2020 年のホリデー シーズンに発売予定

2019年のE3でマイクロソフトは4世代目のXboxとなる「Project Scarlett」を発表しました。

そして「The Game Awards 2019」で開発コードネーム「プロジェクト・スカーレット」の正式名称正式が「Xbox Series X」になることが発表されました。

いやいやスゴイって!こんな超美麗なグラフィックでゲームできるなんてまさに次世代と呼びべきゲーム機です。

そして本体のデザインもお披露目。モノリスを思わせるような長方形の筐体と上部の排気口と思われるメッシュから見える光るLED。

カッコイイじゃないですか。今までのゲーム機にない斬新なデザインです。基本縦置きですが形状から横に置いたりも可能だと考えられます。

さて、PS5はどんなデザインで対抗するのでしょうか。

ついにXBOX SERIES X ハードウェアスペックが公開

マイクロソフトよりPS5に先駆けてXBOX SERIES X ハードウェアスペックが公開されました。

ハードウェアに関して詳細情報がほぼ無いPS5に対してXBOX SERIES Xは積極的にハードウェア情報を公開してきています。それだけPS5に対してハードウェアに自信があるという事でしょうか。

CPU・GPUともに事前にリークされていたスペック通りでGPUは12 TFLOPSの処理速度というのがすごいですね。最大4K120FPSをサポートしています。

SSDは大容量1TBですがCustomとあるようにすべてがSSDなのか一部HDDを併用しているのかは分かりません。

いずれにせよ現行機種と桁違いの処理速度なのは間違いなくこのスペックで5,6万で発売されるなら驚愕ですね。

CPU 8x Cores @ 3.8 GHz (3.6 GHz w/ SMT) Custom Zen 2 CPU
GPU 12 TFLOPS, 52 CUs @ 1.825 GHz Custom RDNA 2 GPU
Die Size 360.45 mm2
Process 7nm Enhanced
Memory 16 GB GDDR6 w/ 320b bus
Memory Bandwidth 10GB @ 560 GB/s, 6GB @ 336 GB/s
Internal Storage 1 TB Custom NVME SSD
I/O Throughput 2.4 GB/s (Raw), 4.8 GB/s (Compressed, with custom hardware decompression block)
Expandable Storage 1 TB Expansion Card (matches internal storage exactly)
External Storage USB 3.2 External HDD Support
Optical Drive 4K UHD Blu-Ray Drive
Performance Target 4K @ 60 FPS, Up to 120 FPS

Microsoftから追加情報 PS5越え?
XBOX SERIES X は12T Flopsのモンスターマシン

2020年2月24日マイクロソフトからXBOX SERIES X について新たな情報が公開されました。

それによると

ポイント

・CPUはAMD Zen 2アーキテクチャをゲームマシン用にカスタマイズしたもの

・GPUはRDNA 2アーキテクチャをカスタマイズしたもので処理速度は12TFlops

・「Variable Rate Shading(VRS)」による高解像での安定したフレームレート

・「DirectX Raytracing」によるリアルな光源処理

・HDMI 2.1をサポート

・「Auto Low Latency Mode(ALLM)」によるディスプレイ遅延抑制

・最大で120fpsの描画

・「Dynamic Latency Input(DLI)」によるワイヤレスコントローラの遅延抑制

特に目をひくのが12TflopsというGPUの処理速度。

PS5は9TFlops程度と言われていますのでXBOX SERIES XのGPUがいかに強力なモノか想像がつきます。

その他、いかに高解像度でレスポンスよく安定したフレームレートでゲームプレイできるかに注力しているようです。

4K~10KまでをサポートするHDMI 2.1に対応するという事で間違いなく4K以上のグラフィックを堪能することができそうです。

HDMI 2.1は4K/120FPSにも対応していますので高解像度・高フレームレートでのゲームプレイを期待したいところです。

Xbox売れ筋本体【Amazon】

Xbox One S 1TB (Gears 5、Gears of War 1,2,3,4 ダウンロード版 同梱)
 

 


Xbox One X (CYV-00015)


Xbox One S 1 TB All Digital Edition ソフト4本セット

Xbox Series X試作品画像がTwitterで公開


Twitter上でXbox Series Xの試作品と思われる画像がUPされています。画像にうつる試作品らしき筐体には「PROTOTYPE」としっかり描かれていますね。

試作品と言えどもこれはほぼ製品版に近い形なのではないでしょうか。

画像には全面と背面の2つの画像がUPされていますが前面にはブルーレイのスロットインとUSB端子、背面には電源、LAN、HDMI、USB、光音声端子と謎の長細いスリットが確認できます。

あくまで試作機なので今後どうなるかは不明ですがいよいいよ発売が近づいてきたという感じですね。

関連情報
「PS5」 対 「Xbox Series X」 スペック対決!どっちが高性能かガチンコ勝負

Sony「Playstation」とMicrosoft「Xbox」といえば常に次世代ゲーム機で争ってきた仲ですがいよいよ両者とも今年の年末に新型ゲーム機 「PS5」と「Xbox Series X」を同 ...

性能は現行Xboxの4倍の性能

マイクロソフトが以前から「Xbox Series X」の性能は現行機種の4倍になると言っています。おそらくCPU/GPUのパワーが4倍程度になると思われますが

それ以外に4K/60fps、高速SSD、下位互換性などゲームを快適にプレイできる要素が飛躍的に高まっていると考えられます。

マイクロソフトのHPにもはっきり書かれていますが「2020 年のホリデー シーズンに発売予定」ということです。ということはSONYのPS5が発売される時期と重なりますね。2020年のクリスマス商戦には両者の激しいバトルが見れそうです。

Xbox  注目の新作ゲームソフト【Amazon】

Xbox Live 12ヶ月 ゴールド メンバーシップ デジタルコード|オンラインコード版

ファイナルファンタジー XV デラックスエディション 初回生産特典

メトロ リダックス - XboxOne

性能・互換性・値段・発売日・ソフト など予想/リークを含んだ情報

公式HPには「Xbox Series X」は、コンソールのパワー、スピード、パフォーマンスの新たな基準を示します」と書かれているように現行機種から大幅な演算、画像、データ転送処理の向上があると考えられます。

発売日は2020 年のホリデー シーズンに発売予定

先に書いていますが発売日は2020年のホリデーシーズンです。ホリデーシーズンとはクリスマスから年末年始にかけての期間ですので発売日は2020年12月末という事になります。

AMDの最新CPU、GPU Zen2 + Navi

次世代 Xbox Project Scarlettに搭載されるCPUはAMDの7nmプロセスで製造されるRyzenをベースとした新CPUコア「Zen 2」(8コア)でAMD最新アーキテクチャを採用したCPUとなるようです。

GPUは、AMDのNavi GPUをベースにしたもので、10.8テラフロップスの処理能力があります。これは、AMD RX 5700 XTまたはNvidia GeForce RTX 2080Tiよりもやや高性能という驚きのスペックです。これらCPU,GPUでの処理速度は現行世代の「Xbox One X」比で4倍の性能になるという事です。

SP5と同じAMDのCPU,GPUアーキテクチャを採用

AMDのZen2 + Naviの構成は何とPS5と同じです。まったく同じAMDのアーキテクチャを採用するというのは偶然なのか分かりませんが5/16にMicrosoftとSonyがクラウドゲームなどで戦略的提携を締結したと発表していますが据え置きのゲーム機においても何らかの協力関係にあるのかもしれません。

同じCPUアーキテクチャを採用することにより量産効果でコストも下げることができますし、同タイトルのゲームの並行開発も容易になると考えられます。

という事は次世代 Xbox Project ScarlettのCPU,GPUの処理速度は次世代PS5と同等になると予想されます。

SSD「超高速帯域の専用SSD」搭載

公式HPには「次世代の SSD」を採用と書かれています。現行のSSDの上をいく「超高速帯域の専用SSD」という事になります。現行のXboxより40倍速い転送速度で仮想メモリとしても機能するようです。

PS5ではスパイダーマンの動画読み込みにおいてPS4 proでは8秒程度かかっていたのが次世代機では十分の一の0.83秒で読み込めるというデモをおこなっていましたが次世代 Xboxでも同等の高速アクセスが可能となるようです。

最大8Kでリフレッシュレート120fHz対応

これは凄いですね。8Kでリフレッシュレート120fHzとは実際見たことが無いですが超美麗なグラフィックがヌルヌル動くという事です。現行のXbox、その他の家庭用ゲーム機はフルHDで60Hzまでの対応でしたから2倍のリフレッシュレートとなります。60Hzと120Hzでは同じゲームをプレイしてもヌルヌル感が全く違いますからこれは楽しみですね。ただこれは最大120Hzという事ですから8Kで常に120Hzのリフレッシュレートが出るわけでもなさそうです。

Xbox Scarlettでは、Xboxのチームはビジュアルよりもフレームレートとプレイアビリティを重視しているというという事で4K、毎秒60フレームでのゲームプレイがターゲットと考えられます。

なお、PS5では4Kでリフレッシュレート常時120fHz対応という情報を得ていますが8Kで常時120Hzというは話は出ておりません。描画性能もXboxとPS5で同等と予想できます。

下位 互換性 今までのXboxタイトルがプレイできる

なんとPS5同様強力な下位互換性があるようです。今までのXboxのタイトルが動作し、しかも周辺機器もサポートするという事です。「過去のXboxシリーズ用のコントローラーとの互換性を尊重する」という同社のゲーム部門最高責任者フィル・スペンサー氏の発言もありXbox Project Scarlettではかなり下位互換性を意識しているようです。

「Halo Infinite」が本体同時発売

43 Industries開発のHalo 5 の続編「Halo Infinite」が本体と同時に発売されます。シリーズでは3000万本以上の売り上げがあるビッグタイトルですから期待も高まりますね。

まとめ

価格については、まだ情報が無いのですがこれほどまで高性能だとお値段もかなりのものになりそうです。5万円以下だと嬉しいのですが。。

性能・互換性・発売日などSonyの次世代PSと共通点が非常に多いですね。確実にライバル機となりそうです。CPUアーキテクチャが同じことからマルチプラットフォームのゲームが多くなりそうですが「Halo Infinite」のように独自のタイトルがどれだけ出せるかがポイントとなりそうですね。

Xbox売れ筋本体【Amazon】

Xbox One S 1TB (Gears 5、Gears of War 1,2,3,4 ダウンロード版 同梱)
 

 


Xbox One X (CYV-00015)


Xbox One S 1 TB All Digital Edition ソフト4本セット

PS5 情報まとめ はこちら

【PS5 速報ニュース】プレステ5公式サイトオープン 値段・スペック・発売日 最新情報のまとめ

ついに公式に次世代プレイステーション「PS5」が発表されましたね。PS5の価格、スペック、発売時期などの情報をまとめて発信していきます。 PS4 新作 2020 期待のおすすめゲームソフト 発売スケジ ...

続きを見る

注目の任天堂 Switch pro / Lite Switch最新情報まとめ

【新型 2020 Switch Lite/pro 最新情報】任天堂スイッチ情報まとめ 【価格・バッテリー・形状の違いは?】

春休みはSwitchで遊ぼう © 2020 Nintendo 新コロナウィルスで世の中大変なことになっております。外にもなかなか簡単には出ていけないですね。もうこんな時にこそSwitchで遊びましょう ...

続きを見る

-ガジェット

Copyright© 俺Times , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.