ガジェット

「Watch Tube」AppleWatchでYouTubeが見れるアプリ登場! 使い方、バッテリー レビュー、対応機種

遂にアップルウォッチでユーチューブがみれるアプリが登場

え、アップルウォッチで今までユーチューブ見れなかったの?と思う方もおられるかもしれませんが、見れなかったんです。そもそもAppleWatchはYoutubeのような動画やインスタのような画像アプリはほとんどありませんでした。バッテリー消費が激しいなどの理由もありますがアップルウォッチはあくまでスマホの補助的な役割で情報を得る端末と考えられていたようです。

しかし、ここへきてなんとAppleWatchでYoutubeがまともに見れるアプリが現れました。その名も「Watch Tube」AppleWatchでYoutubeを略した感じですが、とにかくあーこれこれ!って感じでアップルウォッチでユーチューブが見れます。

具体的にダウンロードから使い方、バッテリー消費まで紹介していきたいと思います。

最新情報 Watch OS9で動作

9月にリリースされたAppleWatchの最新OS WatchOS9と私のAppleWatch7で動作することを確認しました。私の感想ですが以前より動作レスポンスが速くなりサクサク動いている気がします!

WatchTubeは無料で入手可

Apple Storeから「watchtube」と入力して検索します。そうすると一番上にWatch Tubeがでてきますので初めてインストールされる方は「入手」ですね。画像では入手後なので「購入済」となっていますがWatchTubeは無料で入手できました。

ちなみに日本語版はまだなく英語版のみですね。それほど難しい英語もないのですんなり使用できています。サイズは4.6Mと軽量です。ちょっと胡散臭い?と思われるかもしれませんがAppleのプライバシーではAppからのデータ取集がなされていないことが確認されています。

WatchTubeはAppleWatch専用アプリ

インストールが完了するとAppleWatchTubeがインストールされています。AppleWatch専用アプリなのでiphoneにはアプリは出てきません。AppleWatchの画面には以下のようなYoutube風のアイコンが追加されていますのでタッチすると起動します。

では起動して使い方を見てみましょう。

起動画面

初回起動時には住んでいる地域を選択する画面が出てきますが日本に住んでる方は「ASIA」を選択しましょう。起動後の初めのページは注目の動画などが表示されるようですね。海外サイトばかりなのであんまりピンときませんが。。ちなみに全体の画面構成は「WatchTube(メイン画面)」「Search」「Library」「Setting」の4画面です。

検索は日本語でOK

画面を左にフリックして右画面移動するとキーワードを入力して検索する画面になります。といってもアップルウォッチでどうやって検索?と思われるかもしれませんが検索ワードの入力は最近のOSで搭載されたキーボードか音声入力ですね。

で、このキーボード入力ですが小さくてこんなんで入力できるかーい!とツッコミたくなりますが意外とコツを掴めば入力できます。しかしキーボードからは日本語入力できない問題があります。

しかし、検索窓にフォーカスを当てた時にiPhoneにAppleWatchキーボードなるインフォマーションが!これをタッチするとiphoneで検索ワードの入力ができるようになります。しかも一文字ごとにAppleWatch側の表示と連動して表示されます。文字にするとなんだかややこしいですがとりあえずナイスな感じに連動してくれて日本語入力も可能となります。

ユーチューブ動画再生、音声もばっちり

検索結果が表示されてみたい動画をクリックすると再生が始まります。動画のデータはおそらくWi-Fi経由なので動画が再生されれば途切れることなく再生されています。ちなみに私が使用しているAppleWatchは7の41mm版となります。

なんというかiPhoneで見ているYouTubeがそのままアップルウォッチで再生されているという感じでガクガクすることもなく滑らかに表示されます。かつ音声も十分聞き取れる音量で再生されていて、あー-これこれこれこういう感じで見たかったのよ!!という感じでちょっと感動しました。もちろん音声はipodsなどのワイヤレスフォンで聞くこともできます。

後のバージョンで音声だけ再生できるモードも追加されるという情報もありますので期待したいです。YouTubeは基本的には短い動画が多いので通勤電車でちょっと動画をみたりお風呂で動画を見たりなどアップルウォッチと相性が良いのではないでしょうか。

アップルウォッチなので画面も小さいですがいつも見ているユーチューブ動画もちゃんと内容も分かるしばっちりOKです、ただしテロップはかなり小さくなるので見えない場合あるかもしれません。
画面下をタッチするとタイムバーが出てきますのでここが選択されている状態でアップルウォッチのリューズを回せば再生位置の選択が可能となります。

私のAppleWatchは41mmなので45mm版ならさらに大きな液晶画面なので見やすくなるとは思います。ユーチューブ見れるんなら45mm版にしておけばとやや後悔です。。

設定画面は特にいじらず

Setting画面があり各種設定がありますが特にいじらずデフォルトのままです。字幕のフォントの大きさなど設定できるようです。

YouTubeアカウントログインはできない

YouTubeのアカウントにはログインできませんので登録チャンネルなどは表示されません。なので都度検索することになりますがさらにフリックして画面を移動するとLibrary画面となりここで履歴等見れますのでよく見るチャンネルここから辿っていけると思います。

バッテリー消費は?

これだけ滑らかに動画表示できればバッテリー消費もかなりのものでは?と思われますが実際に動画を視聴してどの程度バッテリーが減るか確認してみました。

再生前のバッテリーは「42%」でした。この状態で動画を12分程度再生してみます。音量も十分聞きとれる程度の音量としています。環境は家のWi-Fi環境です。再生後は39%で3%減っていますね、もうちょい長い動画で検証したいですが12分で3%の消費と考えると単純計算で1時間の動画再生で15%のバッテリー消費となります。思ったより少なくないですね、これならバッテリー消費をさほど気にすることなくユーチューブを見れそうです。1時間ほどあれこれ動画を見ていたのですが特にアップルウォッチ本体が熱くなることもなく使えておりました。

追記:後日音声だけのYoutube動画を100分聞きましたがその時のバッテリー消費は10%でした。動画の時よりバッテリー消費が下がるとは予想していましたがかなりバッテリー消費は少ないですね。

「Watch Tube」の対応機種は?

歴代のAppleWatchすべてで使用できるかですが、特にSerise1,2など対応機種については記載されていませんでした。ただ、OSはWatch OS 8.0以降、iPhone側のiOSは13.0以降が必要となっています。Watch OS 8.0はApple Watch Series 3 以降が対応となっているためWatch TubeはApple Watch Series 3以降が対応という事になります。私が使用しているAppleWatchは7の41mm版では十分すぎるくらいスムーズに動作しておりましたのでSEなどでもそこそこスムーズに動作するのではないかと思います。

新型次世代 Switch Pro (Switch 2) はいつ出るのか? ニンテンドースイッチ情報まとめ 2022

2022最新版 次世代 Switch Pro (Switch 2)情報 まとめ   新コロナウィルスで世の中大変なことになっております。外にもなかなか簡単には出ていけないですね。もうこんな時 ...

続きを見る

【PS5再入荷速報 いつ買える? 】プレステ5 購入方法 販売予約情報 【なぜ買えない?】

PS5 いつ買える? 再入荷情報こまめにチェック! もうそろそろPS5を手に入れたい!という方も多いのではないでしょうか。 半導体不足が報じられる中でもPS5は順調に生産が続けられているようでAmaz ...

続きを見る

PS5はヨドバシが一番入手しやすいので購入条件・販売曜日・時間・注意点を詳しく説明

ヨドバシで遂にPS5を購入できました いやー-PS5ようやく購入できました!長かったー。というわけで結論から言うとPS5は「ヨドバシ」入手するのが一番手っ取り早いです。 で、ヨドバシでプレイステーショ ...

続きを見る

-ガジェット

© 2022 俺Times Powered by AFFINGER5