ガジェット

【Win10 新機能 Windows サンドボックス】 怪しいサイト、アプリも安全にテスト 使い方と動作環境

Windows 10 May 2019 Updateの目玉機能「Windows サンドボックス」

Windows 10 サンドボックスとは?

一言でいうと「Windows 10 」上で動作する仮想Windowsです。仮想OSの「VMware」「Virtual Box」などと大きく違うのは起動するたびに初期化されてまっさらな状態になるという事です。

使い捨てWindows

Windowsの中で仮想のWindowsが起動し使えるのですが仮想のWindowsなのでその中で何をやってもホスト側のWindowsには影響がありません。使い道として例えばいつも使っているWindows上で動作させたくないような「怪しい」ソフトの実行やファイル、怪しいサイトを閲覧する際にWindows サンドボックスで実行する。などの用途が考えられます。

Windows サンドボックス上で何か問題が起こっても再起動すれば初期化されまっさらな環境に戻ります。

不特定多数の方にWindowsを使ってもらう際などはWindows 10 サンドボックスを使用すれば使用者の使用データが再起動ですべて初期化されるので便利かもしれません。

Windows サンドボックスの特徴

  • 起動するたびに初期化されまっさらな状態で起動する
  • 「Windows 10 Pro」または「Windows 10 Enterprise」であればライセンスに関係なく無償で利用できる
  • Windows サンドボックス内で何をしてもカーネルが分離されている為、ホスト側のWindowsには影響を及ぼさず安全
  • Windows サンドボックスは複数起動できない
  • Windows Sandbox」のイメージはたった25MB、スマートメモリ管理、仮想GPUにより、比較的動作が軽い

「Windowsサンドボックス」を使うには?

  • 「Windows 10 Pro」または「Windows 10 Enterprise」(build 18305以降)
  • AMD64アーキテクチャー(64bit動作環境)
  • BIOSで仮想マシン支援機能(Intel VT/AMD-V)が有効化になっている
  • 4GB以上のシステムメモリ
  • 1GB以上のディスク空き容量
  • 2つ以上のCPUコア

windows 10 サンドボックス 使い方、起動方法

「Windows 10 Pro」だけどどうやって起動するの?という方も多いと思いますが初期状態ではWindowsサンドボックスはインストールされていません。

[Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き“optionalfeatures.exe”と入力してOKボタンを押してください。

Windows サンドボックスにチェックをつけてOKボタンを押します。

その後Windowsを再起動します。

スタート から「Windows Sandbox」をクリックします。

Windows サンドボックスのスプラッシュが現れしばらくするとWindows サンドボックスが起動します。

特に意識することなくWindoswsとして操作できます。ネットも特に設定なくできましたね。8世代のi7で16Mメモリ、SSDですが動作は快適ですね。

怪しげなサイトなんかを見に行くときに使えそうです。まあ、そんな悪いことはしませんが。。

 

 

 

-ガジェット

Copyright© 俺Times , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.