ガジェット

携帯ゲーミングPC 対決 Steam Deck VS AYANEO

Steamのゲーミングデバイス「Steam Deck」をはじめとして、Windows ポータブルゲーミングPC も続々発売され盛り上げってきているポータブルゲーミングPC ですが一体どれを選べばよいのか?評判は?価格は?という事で最新情報をまとめてお伝えしてしていきます。

大本命 Steam Deck

まず、ポータブルゲーミングPCの大本命「スチームデック」です。PCゲームで圧倒的な知名度と販売数を誇る「Steam」が発売したポータブルゲーミングPC です。

スチームが発売するだけありOSは独自のSteamOSでゲームに特化しています。FSPからRPG,STRゲームまでありとあらゆるゲームを快適に操作できるためにジョイスティック、ボタンなどの操作部もかなり考えられた配置となっています。

サイズと重さは任天堂Switchと比べるとわかりやすいのでサイズと重さを比べてみましょう。

Steam Deckのサイズ

Steam Deck Nintendo Switch
298 mm 239 mm
117 mm 102 mm
厚さ 49 mm 28.4 mm

Steam Deckの重さ

Steam Deck Nintendo Switch
重量 669 g 398 g

幅は6センチほど長いですね。縦は1.5センチほど大きく厚さは2センチほど大きいです。スイッチより一回り大きいという感じですね。重さはSteam Deckが約270g重いです。ポータブルゲーム機で270gは結構な差となりますね。ただ、その他スペックを考えるとスチームデックが上なので重量増は仕方ないところかなと考えます。ただ、スチームデックにもドッキングステーションがありドッキング時はモニターに画面を映すことができるので据え置きで使うなら重さは気にはならないでしょう。

Steam Deckのバリエーション

Steam  Deckは一種類だけでなくいくつかのスペックによるバリエーションが存在します。一番大きな違いはストレージ容量です。もっとも安価なタイプは64GのeMMC、真ん中のグレードはNVMe接続SSDの256GB、最上位のグレードはNVMe接続SSDの512GBとなっています。一番安価なバリエーションは容量が64GBと少なく最近のAAAタイトルを遊ぼうとするとかなり厳しそうです。かつeMMCでリードライト速度も遅いのであまりお勧めはではないですね。

あと、最上位のバリエーションはプレミアム防眩エッジングガラスで要は液晶に光が反射しにくい加工がされ見やすくなっています。

Steam Deckの価格

かなり気になりますね、重要な価格です。海外の販売価格となりますが一番安価なバリエーションで$399で日本円にして130円換算で50000円ほどでしょうか。最近の円安で割高になってしまうのが悔しいところです。真ん中のグレードだと68000円ほど、最上位で84000円ほどです。
正式な日本での販売価格は不明ですがSteamさんの善意で何とかお安く販売してもらいたいところです。

こう見ると再安価グレードはお安いのですがストレージが心もとなくもう少し出して真ん中のグレードがベストバイな感じがします。最上位の8万超えは割高に感じます。

バリエーション 価格
64GB $339
256GB $529
512GB $649

Steam Deckの処理速度

価格もゲーミングPCと比べて大幅に安くいいんじゃね?と思いますが実際満足にゲームができるか?気になりますね。CPU,GPU(SOC)のスペックは以下になります。AMDのZen2ベースですね、これはPlaystation5、Xbox Series Xと同じアーキテクチャで動作クロックも同等のものです。え、じゃあPlaystation5、Xbox Series Xとおんなじぐらいの性能?といえばそうではなくGPUの性能差が結構あります。GPUも Playstation5、Xbox Series Xと同様のAMD Radeon™ RDNA 2 GPUですがSteam Deckではかなり性能を落としたものが搭載されています。
Playstation5、Xbox Series XのGPU演算能力はおおよそ10TFLOPSですがスチームデックは1.6TFLOPSと1/6程度の処理速度となっています。コンパクトかつバッテリー駆動のポータブルゲーム機なので仕方ないですが任天堂SwitchのGPU処理能力は0.39TFLOPSといわれていますからポータブルゲーミング機と考えるとかなりのハイスペックです。

あと、Steam Deckの画面解像度は 1280 x 800pxなのとSteamのゲームがSteam Deckに最適化されていることを考えるとガクガクしてゲームにならないという事はなさそうです。実際、主要人気ゲームがストレスなく動くという声が多いです。

Steam Deck
CPU x86-64-AMD Ryzen™ "Zen 2"
最大3.5Ghz(クロック可変)
GPU AMD Radeon™ RDNA 2 GPU 浮動小数点演算: 1.6TFLOPS

Steam Deckの発売日

じゃあ、さっそくSteam Deck欲しい、という気持ちにもなると思いますが残念ながら欧州、北米のみの購入可能でまだ日本では発売されておりません。Steamからは2022年中に日本でも購入できるように尽力するという事なのでもうしばらく待ちましょう。

Steam Deckの良いとこ悪いところ

良いところ
・SteamのゲームがSteam Deckに最適化されている
・比較的低価格
・故障してもユーザでパーツが購入、交換可能

悪いところ
・やや大きい、重い
・日本でまだ未発売

【Steam Deck】スチームデック 日本で予約開始 最新予約情報 まとめ【価格・発売日・スペック】

スチームよりポータブル小型ゲーミングPC「スチームデック」 Steamが開発中と噂されていた小型で持ち運び可能なポータブルゲーミングPCが遂に北米、欧州で発売、日本でも予約が開始されました。 Stea ...

続きを見る

対抗馬 AYANEO シリーズ

ポータブルゲーミングPCの中でもSteam Deckの対抗馬とみられているのが勢いのある「AYANEO」シリーズです。「AYANEO」は2021年にクラウドファンディングで世界初のAMD搭載ポータブルゲーミングPC「AYANEO」販売し成功を収めたプロジェクトです。
そのプロジェクトを中国の深圳のWEB開発会社経営者が買収し量産化しています。この経営者はかなりのゲーマーらしくそのこだわりが「AYANEO」からも感じられます。

AYANEO シリーズ

AYANEOではいくつかのポータブルゲーミングPCを発売しています。現在発売されているのはAYANEO 2021とAYANEO NEXTです。 軽量で低価格なAYANEO AIRは2022年の夏、AYANEOの後継機種AYANEO2は2022年の秋以降の発売となるようです。

では現在発売されているAYANEOの機種についてみてみましょう。AYANEO 2021とよりハイエンドなAYANEO NEXTがあります。サイズはSteam Deckと任天堂Switchの真ん中程度のサイズで大きすぎず、小さくもないといったサイズ感です。重量はスチームデックとほぼ同じ重量ですね。
CPUについてはAYANEO NEXTはRYZEN 5000シリーズを搭載していてアーキテクチャはZEN 3,7nm,8コア/16スレッドとなりスチームデックより高性能だと考えられます。なので同じゲームでもAYANEO NEXTの方がややスムーズに動くのではないかと思われます。

シリーズ サイズ 重量 CPU
AYANEO 2021 255×106×20 650g AMD Ryzen5 4500U
AYANEO 2021 pro 255×106×20 650g AMD Ryzen7 4800U
AYANEO NEXT 267×112×30 720g AMD Ryzen7 5825U

AYANEO 価格

価格は以下となっておりスチームデックと比べれば高価格となっています。ゲーミングノートPCに近い価格となっていますが構成されるパーツがゲーミングノートPCと同等のものですから妥当な価格設定だと思います。

シリーズ 直販価格(税込み)
AYANEO 2021 115,700円
AYANEO 2021 pro 138,800円
AYANEO NEXT 163,800円

Steam Deckとの比較

では、AYANEOの新製品AYANEO NEXTとSteam Deckの詳細スペックを比較してみましょう。Steam Deckのスペックもかなりのものですが後発のAYANEO NEXTはCPUがZEN3とSteam Deckよりも新世代のアーキテクチャとなっておりなおかつ動作クロックも高いです。ストレージもAYANEO NEXTは1TBとなっています。

しかし価格差がおおよそ10万円程度差がありSteam deckのコスパがいかに高いかがわかります。Steam Deckが優れているところはGPUのアーキテクチャとメモリがLPDDR5であるところでしょうか。この価格で出せるはすごいと思います。

Steam Deck (ミドルグレード) AYANEO NEXT
CPU AMD Ryzen "Zen 2" 2.4~3.5GHz AMD Ryzen™ "Zen 3" 2.0~4.5GHz (5825U)
GPU AMD Radeon™ RDNA 2 GPU AMD Radeon™ Vega 8 2000MHz
サイズ 298×117×49 267×112×30
重量 669g 720g
ストレージ 256GB( (NVMe) 1TB( (NVMe)
メモリ 16 GB LPDDR5 16GB LPDDR4
ディスプレイ 7.0インチ 1280 x 800px 7.0インチ LCD IPS/1280×800
バッテリー 40Wh 47Wh
価格 約68,000円 163,800円

新の対抗馬は今後発売モデルか

AYANEO NEXTとSteam Deckを比較してみましたが価格差が大きく私的な感想ではSteam Deckに軍配があがると思います。しかしAYANEOの今後発売される「AYANEO AIR」「AYANEO 2」ではSteam Deckを意識してより低価格で高性能になるのではないかと予想します。

軽量薄型 AYANEO AIR

かなり任天堂Switch Liteを意識したデザインのように見えますがなんと重量395gと任天堂Switchより軽量で薄さはSwitch Liteとほぼ同じということでポータブルをかなり意識した機種です。CPUに関してはRyzen 5 5560U か AYANEO NEXTと同じRyzen 7 5825Uが搭載されます。おそらくAYYANEO AIR proにRyzen 7 5825Uが搭載されると考えられます。ディスプレイは解像度1080pの5.5インチOLEDと発表されています。

期待の後継機種 AYANEO 2

AYANEO 2021の後継機種「AYANEO 2」です。Steam Deckのライバルとしてかなり期待が持てるスペックとなっておりCPUにはAMD Ryzen 7 6800Uプロセッサー、GPUにはRDNA 2グラフィックスと間違いなく処理能力的にはSteam Deckより上をいっています。

真の対抗馬か AYANEO 2 GEEK

スゴイの出てきました完全にSteamDeckをライバルとして出されたようなモデルです。「AYANEO 2」に廉価版という位置付けでCPUはAMD Ryzen 6600U とAMD Ryzen 6800Uの2種類が用意されています。AYANEO 2との違いは液晶ディスプレイ、ストレージ容量、WIFI規格などが異なるようです。

2022年11月末に出荷予定で気になる価格はAMD Ryzen 6600U 512GB版が699ドル、6800U 512GB版が799ドルということでSteamDeckと同価格帯となっています。これは期待大ですね!

 

AYANEO の良いとこ悪いところ

良いところ
・直販、Amazonなどで購入可能
・Windows機なのでゲーム以外の用途にも使用可
・バリエーションが豊富
・今後の新機種に期待大

悪いところ
・高価格
・故障時のサポートなど未知数

新型次世代 Switch Pro (Switch 2) はいつ出るのか? ニンテンドースイッチ情報まとめ 2022

2022最新版 次世代 Switch Pro (Switch 2)情報 まとめ   新コロナウィルスで世の中大変なことになっております。外にもなかなか簡単には出ていけないですね。もうこんな時 ...

続きを見る

【PS5再入荷速報 いつ買える? 】プレステ5 購入方法 販売予約情報 【なぜ買えない?】

PS5 いつ買える? 再入荷情報こまめにチェック! もうそろそろPS5を手に入れたい!という方も多いのではないでしょうか。 半導体不足が報じられる中でもPS5は順調に生産が続けられているようでAmaz ...

続きを見る

PS5はヨドバシが一番入手しやすいので購入条件・販売曜日・時間・注意点を詳しく説明

ヨドバシで遂にPS5を購入できました いやー-PS5ようやく購入できました!長かったー。というわけで結論から言うとPS5は「ヨドバシ」入手するのが一番手っ取り早いです。 で、ヨドバシでプレイステーショ ...

続きを見る

「Watch Tube」AppleWatchでYouTubeが見れるアプリ登場! 使い方、バッテリー レビュー、対応機種

遂にアップルウォッチでユーチューブがみれるアプリが登場 え、アップルウォッチで今までユーチューブ見れなかったの?と思う方もおられるかもしれませんが、見れなかったんです。そもそもAppleWatchはY ...

続きを見る

-ガジェット

© 2022 俺Times Powered by AFFINGER5