ガジェット

【PS5再入荷速報 いつ買える? 】プレステ5 購入方法 販売予約情報 【なぜ買えない?】

PS5 いつ買える? 再入荷情報こまめにチェック!

もうそろそろPS5を手に入れたい!という方も多いのではないでしょうか。
半導体不足が報じられる中でもPS5は順調に生産が続けられているようでAmazon、楽天、Yahooショッピングなど主要なネット通販サイトでこまめにチェックすれば購入も可能と思います。

「デジタル・エディション」はマイナーモデルチェンジの新型CFI-1100B01が販売中です。

PS5は金曜日に入荷されることが多いのでチェック!

Amazon PS5 「通常版」 販売ページ
Amazon PS5 「デジタル・エディション」販売ページ

Amazon Xbox Series X​ | S 販売ページ 

楽天ブックスも不定期で入荷されているのでチェック。
楽天ブックス PS5 本体販売ページ

楽天ブックス Xbox Series X​ | S 本体販売ページ

楽天のゲーム販売トップページもチェックですね。
楽天市場 PS5 販売ページ

穴場はYahoo!ショッピングです。人気の商品も意外とひょっこり販売されているパターンが多いです。
Yahoo!ショッピング ゲームTOPページ

そして大穴は「セブンネットショッピング」でもPS5予約受付開始されました。
セブンネット ゲームTOPページ

created by Rinker
¥90,870 (2022/06/29 11:25:45時点 楽天市場調べ-詳細)
PS5はヨドバシが一番入手しやすいので購入条件・販売曜日・時間・注意点を詳しく説明

ヨドバシで遂にPS5を購入できました いやー-PS5ようやく購入できました!長かったー。というわけで結論から言うとPS5は「ヨドバシ」入手するのが一番手っ取り早いです。 で、ヨドバシでプレイステーショ ...

続きを見る

「PS5」 対 「Xbox Series X」 スペック対決!どっちが高性能かガチンコ勝負

Sony「Playstation」とMicrosoft「Xbox」といえば常に次世代ゲーム機で争ってきた仲です。両機とも発売されてしばらく経ちましたがどちらがスペック的に優れているか比較してみたいと思 ...

続きを見る

created by Rinker
¥84,980 (2022/06/29 11:31:18時点 楽天市場調べ-詳細)

プレステ5 いつ買える?なぜ買えないのか

2020年11月12日に発売されたPS5もう一年半以上経とうとしています。なのに全然売ってない、近所の電気屋とかゲーム屋さんに並んでいるところを見たことがないです。
「Playstation 4」発売時にも一時期は入困難でしたがすぐに店頭い並び普通に買う事が出来ました。

なぜプレステ5は売っていないのか

プレステ5は2022年現在で世界でおおよそ2000万台程度売れているといわれています。これは歴代のゲーム機とそれ程遜色ない売れ行きです。
という事はモノは結構ありそこそこ行き渡っているという事です。

ではなぜ日本ではなかなかプレステ5を買えないのか。よく言われるのは

・半導体不足
・巣ごもり需要
・転売業者による買い占め

ですが世界でのプレステ5の販売実績を見ると日本での販売が少なく北米、欧州に大量に出荷されているようです。
理由としては

・Xboxの次世代機に対抗する為
・日本ではPS4がまだまだ売れている

北米、欧州ではXboxの次世代機が日本と比べて人気がありますからそれに対抗する為にPS5を大量投入していると考えられます。これが日本でPS5がなかなか変えない一番の理由だと考えらえます。

ただ、販売方法が店頭販売から抽選、予約が主流になり店頭で見かけることが極端に少なくなったため「売ってない」イメージが大きくなってしまったというのもあると思います。
抽選、予約が主流になったことで明確に「欲しい人」が抽選、予約というひと手間かけないと買えないという状態ですね。

PS5対応新型VR「PlayStation VR2 」スペック・発売日・価格予想

blog.ja.playstation.com ソニー・インタラクティブエンタテインメントから発表されたPS5対応の新型バーチャルリアリティーシステム『PlayStation VR2』の最新情報をお届 ...

続きを見る

プレステ5はどうやって買えばよいのか

じゃあ、どうやって買えばいいのか?当然、全くPS5が売ってないわけではなく少しの努力で買えるようになります。今までのゲーム機のように電気量販店、ゲーム屋に行って店頭販売されているものを買う。はほぼ不可能です。

方法1、ネット販売で購入

もっとも手軽でスマホで簡単にチェックできます。発売当初はものすごい競争率で購入は難しかったですが徐々に入荷量も増えAmazon,楽天あたりで普通に買える状況になりつつあります。
特にAmazonは金曜日に入荷されることが多いのでチェック!

Amazon PS5 「通常版」 販売ページ
Amazon PS5 「デジタル・エディション」販売ページ

Amazon Xbox Series X​ | S 販売ページ 

楽天ブックスも不定期で入荷されているのでチェック。
楽天ブックス PS5 本体販売ページ

楽天のゲーム販売トップページもチェックですね。
楽天市場 PS5 販売ページ

方法2、ヨドバシカメラで購入

ヨドバシに販売当日に出向いて並ばなければなりませんが今一番購入できる確率が高いのではないでしょうか。

私はヨドバシでプレステ5を購入できました。

ヨドバシではおおよそ週末土日にPS5が入荷されますので開店前の朝からお店に並び整理券を受け取ります。開店後、店内に案内され購入となります。
関東なら秋葉原店が週末に数百台大量入荷される傾向です。新都心、錦糸町、田町、吉祥寺、八王子店も週末に数十台入荷されています。
関西は大阪なら断然梅田ヨドバシ店です。全国最大規模で週末週百台入荷されています。京都店もそこそこの入荷量ですね。Xboxの入荷も多いです。

重要なのは転売対策としてヨドバシの「ゴールドポイントカード・プラス」クレジットカードでないと購入できないという事です。
発効まで10日ほどかかるので事前に準備が必要です。
詳細は以下のページにまとめてあるのでご一読を。

PS5はヨドバシが一番入手しやすいので購入条件・販売曜日・時間・注意点を詳しく説明

ヨドバシで遂にPS5を購入できました いやー-PS5ようやく購入できました!長かったー。というわけで結論から言うとPS5は「ヨドバシ」入手するのが一番手っ取り早いです。 で、ヨドバシでプレイステーショ ...

続きを見る

方法3、抽選で購入

「ゲオ」「古本市場」「セブンネット」「楽天ブックス」などでPS5の購入抽選が定期的に行われています。私もスマホで何度も抽選に申し込みましたが、ことごとくハズレ。一体何台入荷しているんだい?
ハズレのメールが来るたびに徐々に絶望感が高まり希望から怒りへと心境の変化が訪れます。ほんまにプレステ5は世の中に存在するのか?幻ちゃうか?と。

ただ、徐々に供給量も増えてきており当選率も上がってきていることは間違いないです。

プレステ5にはこのモニターが最適

PS5のグラフィック表示スペックは以下の通りですがモニター、TV側も解像度、フレームレートに対応していないといけません。解像度とフレームレートの組み合わせでいくつかのパターン別おすすめモニター、TVを紹介します。

対応解像度:フルHD,4K,8K
最大フレームレート:120FPS
可変フレームレート対応
HDR対応

パターン1
本命?4Kで60FSP

PS5の性能をフルに生かす4K 120FPSが堪能できる「HDMI2.1」対応というのがキーですね。しかし現状まだまだ対応した製品が出てきていません。あってもお高いです。しかし「HDMI2.1」非対応ですが「HDMI2.0」対応の4Kモニター、TVなら60FPSまでですが比較的低価格で購入することができます。

現在発売されているPS5のゲームでは4K/60FPSは結構厳しく負荷が軽いゲームでないと4K/60FPSを常時維持するのは難しいでしょう。実際「スパイダーマン」でも結構厳しくレイトレーシングをONにすると4K/30FSPでの動作となります。ただし、PS5には「ダイナミック4K/60fps」という機能がありフレームレート60fspに保つために内部の解像度を1440Pに落としてレンダリングして表示するという機能があります。内部のレンダリング解像度は落ちますがチェッカーボードレンダリングという技術でアップコンバートされますので見た目はほとんど分かりません。今後PS5のゲームはこの「ダイナミック4K/60fps」に対応していき主流になるのではないでしょうか。

とすれば4K/60FPSのモニターの選択が本命ということですね。

最新モニター

コスパ最強

パターン2
フルHDで安価に120FSP

4K 120FPS対応モニタは今後一気に普及して価格も下がるでしょうからそれまで安価なFHD 120FPS以上のモニターを使用するのもよいかもしれません。フルHDで4Kに比べるとグラフィックは少々荒いかもしれませんが高FPSなのでグリグリです。グラフィックの細かさか滑らかさどちらを優先するかですがシューティング、アクション系なら滑らかさ重視ですから高FPSのこちらではないでしょうか。

高評価HP製

Pixio というあまり聞きなれないメーカですが私も使っていますが特に問題なく良いですよ。

最新情報
新型次世代 Switch Pro (Switch 2) はいつ出るのか? ニンテンドースイッチ情報まとめ 2022

2022最新版 次世代 Switch Pro (Switch 2)情報 まとめ   新コロナウィルスで世の中大変なことになっております。外にもなかなか簡単には出ていけないですね。もうこんな時 ...

パターン3
WQHDでPCもPS5も快適

私が選んだのはこのパターン。WQHDディスプレイ購入です。PCのディスプレイとしてもPS5でも使いたい、そんな欲張りな方にはこちら。
WQHDディスプレイ(2560×1440)だとフルHDと比べても画面広々、そしてPCゲームもフルHDと比べてもそれほどGPUに負荷がかからないと良い感じ。
しかしPS5はWQHD解像度には対応していません。しかしWQHDディスプレイの中でもPS5の4K解像度をダウンスケールしてきれいにWQHDで表示させてくれるディスプレイがあります。

それが「Pixio PX277 Prime」です。27インチのWQHDディスプレイですが高性能な割に価格も控えめ、ただスタンドがシンプルで上下に調整できないなどありますが総じて良い感じです。ネットの評価も高いですね。Pixioはあまり聞いたことないメーカかもしれませんが、サポートもしっかりしており私はこれで2台目購入です。おすすめ!

パターン4
PS5の性能をフルに生かす4K 120FPS

苦労して手に入れたPS5。であればもちろんフルに性能を発揮して4K 120FPSでゲームをプレイしたいですよね。PS5はモニター、TVとつなぐケーブルがHDMIというケーブルでHDMI2.1という規格でなければ4K 120FPSを出力できません。

ようやく各社からHDMI2.1対応のモニターが出始めました。まだ高価ですがこれらのモニターを購入すればPS5の性能をフルに活かしたゲームができるわけです!

【Steam Deck】スチームデック 発売 日本はいつ? 最新予約情報 まとめ【価格・発売日・スペック】

スチームよりポータブル小型ゲーミングPC「スチームデック」発売 Steamが開発中と噂されていた小型で持ち運び可能なポータブルゲーミングPCが遂に北米、欧州で発売されました。 Steamで販売されてい ...

続きを見る

早くもPS5のマイナーバージョンアップ版が登場

PS5も発売して少し経ちますが早くもデジタルエディションでマイナーバージョンアップ版「CFI-1100B01」が登場しました。

アマゾンでも販売ページが出来ていて販売が開始されていますね。
Amazon PS5 「デジタル・エディション」新型CFI-1100B01
仕様を確認すると本体重量が現行のPS5より300g軽量化され3.6kgと記載されています。300gですが軽くなることはうれしいですね。

無線LAN・Bluetoothモジュールなどの型式も変わっていることから内部の複数のパーツが更新されているものと考えられます。これによって性能が変わったなどの報告はないことから小規模なマイナーバージョンアップのようです。

7、8月ごろから順次デジタルエディションは「CFI-1100B01」に切り替わっていくようですが特に性能差もないことからどちらを購入しても問題なさそうですね。

PS5 スペック・互換性情報

PS5のスペックがモンスター級なのはもちろんなのですがどの辺がどうスゴイのか、詳しく見ていきたいと思います。

現在公開されているPS5スペックは以下の通りです。

「PS5」 対 「Xbox Series X」 スペック対決!どっちが高性能かガチンコ勝負

Sony「Playstation」とMicrosoft「Xbox」といえば常に次世代ゲーム機で争ってきた仲です。両機とも発売されてしばらく経ちましたがどちらがスペック的に優れているか比較してみたいと思 ...

続きを見る

最新のCPU、GPU Zen2 + Navi

AMDのカスタムCPU&GPUで超絶な処理能力

ピーエスファイブに搭載されるCPUはAMDのTSMCの7nmプロセスで製造されるRyzenをベースとした新CPUコア「Zen 2」(8コア)と同じく7nmで製造されるAMD最新GPUのNaviアーキテクチャを採用したPS5カスタムNavi GPUとなるようです。

8コアCPUなのはPS4と同じですがZenマイクロアーキテクチャは同時マルチスレッディングでPS5では同じ8コアであっても8コア16スレッドで動作すると言われています。かつ7nmと微細化されたプロセスルールで製造され動作クロックもPS4の倍くらいのクロック周波数で動作すると考えられます。

とにかくパワフルなのは間違いなくGPUは3D環境での複雑な相互作用を演算できるレイトレーシング支援ハードウェアを搭載しているということで8Kでもリアルタイムでグリグリ美麗グラフィックが動く未体験のゲームが期待できそうです。

GPUはRadion Naviファミリのカスタム品。リアルタイムレイトレーシングという最新の照明技術をサポートし現行のPC用ハイエンドグラフィックボード「Nvidia RTX 2080 Ti」相当と言われています

SSD 「超高速帯域の専用SSD」搭載 ロード時間はほぼ無し

「超高速帯域の専用SSD」搭載で超高速データ読み込み

プレイステーション 4の約100倍の読み込む速度のSSD

PS5はとにかくデータ読み書きのスピードがとんでもなく速いです。PS4の100倍!ですから。以前もソニーから

「PS4の1GBデータ20秒に対しPS5は2GBを0.27秒でロード可能」

という情報がありましたがプレイステーション 4の約100倍の読み込み速度というのは本当のようですね。超重いゲームでシーンが切り替わるたびに暗転しイライラしていたあの待ち時間ともおさらばですね。

デモではスパイダーマンの動画読み込みにおいてPS4 proでは8秒程度かかっていたのが次世代機では十分の一の0.83秒で読み込めると説明されています。とんでもない速さですが「PS5に搭載されるSSDのアクセス速度は,現時点のどのPCよりも高速である」とも述べられており4K/8Kの大容量動画でもサクサクみられるようになるのではないでしょうか。

しかし、次世代ゲームの容量も相当大きくなると考えられPS5の記憶装置すべてがSSDとするには価格面でも大変難しいと思います。現在、1TBのSSDは1万円こえていますからね。超高速SSDは大容量HDDのキャッシュとして使われるという予想もあります。

下位 互換性 PS5 ⇒ PS4

次世代PS5ではPS4のゲームも楽しめる!

いままでのPlyaStationは下位互換はありませんでしたが次世代PS5ではPS4と下位互換が保たれます。

PS4互換は「PS4の4,000以上のタイトル」がPS5で再生できることを確認しましたとTwitterで伝えられ、PlayStation 5は、発売時にトップ100の最もプレイされたPS4ゲームのほぼすべてをプレイすることもできます。という事です。

そしてさらに嬉しいことに

2020年7月13日以降に提出されるゲームは,次期家庭用ゲーム機でプレイ可能

という事でPS5はかなりPS4との互換性を重視しているようですね。

あと重要な情報としてPS5発売後も、PS4向けの新作ゲームは発売され続けるという事です。PS5発売後もしばらくはPS5/PS4で同タイトルが発売されると考えられます。

8K、4k/120fsp対応でヌルヌル超美麗グラフィック

8K、4k/120fspでの没入感あるゲーム体験が楽しめる!

驚きの8KTV対応、そして4Kテレビ対応で注目すべきなのでフレームレートで最大120fsp、120Hz出力で120hz/4kモニター対応と明記されています。

4月にソニーのプレイステーションCEOに就任したジム・ライアン氏のインタビューでPS5は4Kでリフレッシュレート120fpsをサポートすると発言していましたが本当のようですね。

現行のPS4、その他の家庭用ゲーム機はフルHDで60Hzまでの対応でしたから2倍のリフレッシュレートとなります。60Hzと120Hzでは同じゲームをプレイしてもヌルヌル感が全く違いますからこれは楽しみですね。しかも4Kで120Hzです。PS5はNVIDIAのハイエンドグラフィックボードGTX1080以上の性能という噂ですが4Kで120Hzをサポートするという事は確かにGTX1080相当の処理能力がないと難しいです。

となるとディスプレイ側も120Hz対応でないといけないという事になります。最近は液晶TV、PCモニターも4Kで120Hz以上のリフレッシュレートに対応してきていますがまだ高価です。PS5発売までには普及して価格も下がることを期待しています。

この高解像度、高フレームレートを活かせるモニター選びが難しい。。

ピーエスファイブの次世代VRヘッドセット「PSVR2」はワイヤレス?

Inverseが報じたように、ソニーが最近申請した特許と商標の申請書には、PS5と同等のPSVRヘッドセットの詳細とプロトタイプの写真がいくつも写っています。最大5時間のバッテリ寿命でワイヤレスで動作するとの事です。

新しいPSVR2ヘッドッセット特許にはソニーが120Hzのリフレッシュレートと220度の視野角があると記載されています。そしてPS5の新しいヘッドセットではディスプレイの解像度が2560×1,440になると噂されています。現行モデルのPSVRの解像度が1920×1080ですからさらに高解像度化されるようです。

大容量ディスク対応 ウルトラブルーレイ?

4層構造 大容量ブルーレイ?もちろんダウンロード、ストリーミングも

もはや現在ゲームは配信やSteamなのどのオンラインストア全盛で物理メディアは必要?と思うかもしれませんが次世代プレイステーションはダウンロード専用ハードではなく、物理メディア(Blu-rayなど)も読み込める仕様となっています。

もしかすると過去に発表された以下の4層構造 128GBのブルーレイディスクが採用されるのかもしれません。

ソニーは、民生用として世界初となる4層構造、128GB容量のBD-Rメディアを11月10日に発売する。12月からスタートする新4K衛星放送を見据え、4K放送録画用としても訴求。保存信頼性にも配慮し、記録膜以外においても4層ディスクの各層間用に新たに開発した樹脂材料(中間層レジン)や誘電体材料などを採用。初期の記録品質だけでなく、長期保存にも優れるという。

あとは下位互換が前面に押し出されていますが今まで発売されたプレイステーションのディスクが読み込める可能性もあります。

3D音響オーディオ対応

今までのPlayStationでは音はそれほど進化してこなかったのですが次世代PS5では立体音響によりより臨場感あふれる体験が可能です。

後ろで爆発音とか頭の上でグルグル音が回るように聞こえたりと没入感のあるゲーム体験に重要な要素となることは間違いないです。

これがPS5だ!本体、周辺機器画像公開!

6/12に開催されたPS5オンラインイベントで遂にPS5の本体がお披露目されました。

これがPS5です!白と黒のツートンカラーでどこか近代建築のようなデザインです。曲線が美しいですね。

本体は2バージョンありULTRA BDドライブありと無しバージョンです。

3D対応ワイヤレスヘッドフォン

HDカメラ

リモートコントローラ

PS5 VS XBOX SERIES X スペック比較はこちら

次世代PSVR2はシースルースクリーンか?ソニーが特許

PSVRに多くのユーザーが望んでいた機能、VRヘッドッセットの「シースルースクリーン」の特許についてSONYが出願しています。

特許図を見てもちょっとどういう仕組みだかわかりにくいのですが要はVRヘッドッセットをしたままでもVRスクリーン越しに外が見えるという事です。ヘッドッセットをしたままで透過モードと非透過モードを切り替える仕組みになると考えられています。単にヘッドッセットの取り外しが必要なくなり煩わしさが減るだけでなく何か新しい使い方を期待しますね。

(画像クレジット:Sony Corporation)

 

次世代 Xbox Scarlett(スカーレット) 情報まとめ はこちら

Xbox
次世代 Xbox Series X 予約情報まとめ 2020年11月10日発売 49,980円 性能比較【発売日・価格・スペック】

XBOX SERIES X/Sの予約はこちら Xbox Serise X/SもPS5同様、発売日で即完売してしまい、なんとか冬休みまでに手に入れたい!という方も多いのではないでしょうか。 Amazon ...

続きを見る

【おすすめモニター TV】PS5 Xbox Switchで最適!2021年 厳選8選【フルHD/WQHD/4K/HDMI 2.1】

PS5,Xbox,Switchでおすすめのゲーミングモニターはコレ! 2021年は次世代ゲーム機PS5,Xbox Series X,Switchとすべて出そろいました。グラフィックは最新の高性能ゲーミ ...

続きを見る

ポータブルゲーミングPC 2022年最新情報 おすすめ・評判 【Steam Deck AYANEO】

Steamのゲーミングデバイス「Steam Deck」をはじめとして、Windows ポータブルゲーミングPC も続々発売され盛り上げってきているポータブルゲーミングPC ですが一体どれを選べばよいの ...

続きを見る

-ガジェット

© 2022 俺Times Powered by AFFINGER5