ガジェット

AppleWatch Series5 を返品した3つの理由【バッテリー、常時表示ディスプレイ、サファイアガラス】

AppleWatch Series5 を予約して発売日に入手

発売を心待ちにしていたAppleWatch Series5。私はAppleWatch Series4を持っていたのですが躊躇せず予約、発売日に手に入れることができました。

予約から購入までの一部始終を以下ブログページで書いていますのでどうぞ。そうです。この時私はAppleのマジックに憑りつかれ浮かれていたのです。

関連記事【2019 新モデル Apple Watch 5 レビュー】最新情報まとめ、新機能、バッテリー持ち「Series 4」と比較【チタニウム/セラミック 登場】

AppleWatch Series5 (ステンレスモデル)の良い所
常時表示ディスプレイ、コンパスなど

AppleWatch Series5を1週間ほど使ってみて確かに良い所は沢山あります。私が良いと思ったのは

ココがおすすめ

・常時点灯ディスプレイ

・コンパス

・ステンレスの質感

一つ目の「常時表示ディスプレイ」はAppleWatch Series5の目玉の新機能でもあります。AppleWatch4と同時に装着すると明らかなのですがいつでもどの角度でもどんな状態でも時計が見えるという事はこんなにもストレスが減るのか。と思いました。チラ見ですね。これが良いです。

二つ目の「コンパス」機能ですね。ずっと思ってたんですよねMAPを見た時にどっちを向いているか分かればいいのに。と。知らないところにきてサッとMAPを見てああ、こっちだなと分かるのが非常にありがたいです。スマホを取り出して確認するのは面倒ですから。

3つ目の「ステンレスの質感」ですがこれは以前のシリーズにもありましたのでAppleWatch Series5だからという訳ではありませんがやはり今まで使っていたアルミに比べれば高級感が断然違いますね。ちょっといい時計している感があります。

AppleWatch 5 を返品した3つの理由

さて、本題です。結果的に10日程使用して私はAppleWatch 5を返品しました。その理由を述べたいと思います。

理由その1 バッテリーが持たない

ppleWatch Series5の目玉の一つである常時表示ディスプレイ。Appleは常時表示してもAppleWatch 4と同等のバッテリー持ち時間だと言われておられました。

常にディスプレイが見えててAppleWatch 4と同じバッテリー持ちならだったらいいじゃないか。買いかえる意味もあるかなと考えておりました。

で、購入しましたところが。。常時表示じゃ思ってたより持たないんですよバッテリーが。

【Apple Watch 5】 バッテリー持ち徹底検証 Series4と比較 【常時点灯は消費電力大】

目次 AppleWatch Series5のバッテリー持ちを検証Apple Watch 5/4を同時装着まずはApple Watch 5の常時点灯設定で確認常時点灯設定でのバッテリー検証結果Apple ...

続きを見る

あれ、AppleWatch 4よりも50%もバッテリーが早く減る。AppleWatch 4なら2日何とかいけるかなぁといった感じですがAppleWatch 5は一日しかバッテリーが持たない。

そこで、常時表示をやめてみると確かにバッテリーが持つのですがAppleWatch 4とほとんど変わらなかったです。まだ常時表示OFFでAppleWatch 4よりバッテリーが持つのならこのまま使用しようかなと思ったのですがAppleWatch 4と一緒では。。。

理由その2 それほどAppleWatch 4と機能的に変わらない

ざっくりしていますが、購入してからしばらく使っていると特にAppleWatch 4と変わらないんですよね。個人的にあぁAppleWatch 5にして良かった!!てならないんです。常時表示はあまりにもバッテリー消費が激しいのでOFFにしていましたし、コンパス機能を便利ですがそれほど使う頻度も高くない。

で、本体のデザインも全く一緒なのでステンレスの質感に慣れてくると目新しさがあまりないのです。

そう考えると。ん、わざわさ8万以上も払って買いかえる必要があったのかな??と思いようになりました。

理由その3 「サファイアガラス」は光の反射具合でちょっと見にくい

ディスプレイの素材がアルミモデルは「Ion‑Xガラス」ステンレス、チタン、セラミックモデルは「サファイアガラス」になります。「サファイアガラス」は「Ion‑Xガラス」に比べて非常に傷つきにくいと言われています。高級腕時計なんかに使われていますね。事実、1年使った僕のAppleWatch 4の「Ion‑Xガラス」は結構傷だらけです。それもあり今回は「サファイアガラス」のステンレスモデルにしました。

バッテリー持ちの検証の為、AppleWatch 5/4を左腕に同時に装着してみてディスプレイの見てみると正面からではそんなに分からないですが角度をつけると「サファイアガラス」は光が反射してちょっとディスプレイが見にくいんですよね。「Ion‑Xガラス」はそんなことないのですが。

ただ、そんな気にするほどでもないです。ちょっと見にくいな程度です。

まあ、これはAppleWatch 5に限ったことではないのです。ただ、返品しようとした理由の1つではあります。

番外編 ミラネーゼループベルトの磁石で予想外の事態に

AppleWatch 5を購入して早速会社に着けていってたんです。周りの反応も上々で特にステンレスがイイね。と同僚からお言葉をいただきました。

で、しばらくノートPCで業務をしていると急にノートPCがスリープになるのです。何もしてないのに。。そして何度も。PCがおかしいのかなと思って電源設定を調べたり色々いじったんですがまったく改善しません。

症状としてはキーボードで入力している時に急にスリープになるのです。スリープになっては電源を入れなおし。。これでは全く仕事がはかどりません。

そしてついに原因が分かったのです。犯人はミラネーゼループベルトの磁石。こいつです。ノートPCはディスプレイの開閉を磁石で感知しておりミラネーゼループベルトの磁石がキーボード下部のディスプレイの開閉検知磁石に反応していたのです。

こうなればせっかく買った純正ミラネーゼループベルトは使えない・・また新たにベルトを買わなければ。。と考えると。もう返品しよ。となりました。

元箱へ再梱包さようならAppleWatch 5

そしてそっとAppleWatch 5を元箱に戻しました。

AppleWatchを返品するには

Apple製品は製品の受け取りから14日以内にオンラインで返品をご依頼いただくと、使用していても無料で返送することができるのです。さすがですねApple。他のメーカーではそうはいきません。

返品方法

返品は、AppleのHPでログインしてオンラインの「ご注文状況」から依頼できます。ここで購入した製品を選べば「返品」のメニューがありますのであとは指示に従い製品を梱包してヤマトの営業所へ持っていきます。

クレジットカードで購入の場合返金までは3週間ほどかかるようです。私は現在返品処理中ですが状況が確認できるので安心ですね。

実際に返金されればまた報告いたします。

-ガジェット

Copyright© 俺Times , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.